Loading...
Uncategorized

アメリカンジョークは歴史が古いの?その特徴についても紹介

アメリカ人の話すユーモアのことをよくアメリカンジョークといいます。このアメリカンジョーク、日本人の冗談とは若干異なります。そこでここでは、アメリカンジョークの歴史やその特徴などについてみていきます。

アメリカンジョークのルーツはいつ頃?

アメリカンジョークは日本人でも知っているので、アメリカの伝統的な文化というイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしそれほど長い歴史のあるものではないようです。ネットや文献などで調べてみると、言われ出したのは1900年ごろとされます。まだ100年ちょっとした経過していないわけです。

当時はかなり違った意味合いだった?

アメリカンジョークと聞いて、多くの人がその時々の流行などを風刺したものやブラックジョークを連想するかもしれません。しかし誕生した当初は、もっとシンプルなものだったと考えられています。どちらかというと下ネタがメインだったそうです。そこから時間の経過とともに風刺やブラックユーモアのエッセンスも加わって、現在のアメリカンジョークに進化したとみられています。

アメリカとユーモア

アメリカでは初対面でいきなりアメリカンジョークのようなユーモアを言うのは常識です。しかし日本人の感覚だと、よく知らない初対面の人にいきなり冗談を言うのは相手に不謹慎と思われかねません。お互いよく知って、打ち解け合ったところで徐々にジョークを言うのが一般的です。アメリカ人と日本人ではなぜこのようにジョークに関する感覚が異なるのか、以下にまとめました。

敵ではないことの証明

日本は今ではいろいろな外国人が生活していますが、かつては同一民族で生活していました。しかしアメリカは「人種のるつぼ」という言葉に代表されるように、さまざまなバックグラウンドを持った人が同じ場所で生活しています。そこで「私はあなたの敵ではありませんよ」という意味で、初対面からジョークを言うのです。人間は笑うことで好意を持つといわれていて、笑わせることで敵ではない照明をするわけです。

アメリカ人はジョークに真面目?

アメリカ人はジョークを勉強する傾向が見られます。誰かと出会った時にすぐに言えるネタをいくつか持っておこうというわけです。実際アメリカの本屋に行くと、ジョークやユーモアの本だけをディスプレイしたコーナーを用意していることが多いです。多くのアメリカ人が5~6個程度の持ちネタがあって、会話の時に使っているといわれています。

まとめ

アメリカンジョークはまだ誕生して100年程度といわれていますが、アメリカでコミュニケーションをとる時の重要なツールになっています。これからの時代、ますますボーダーレスが進むとみられています。笑いのネタをいくつか持っておけば、人種や民族的な隔たりを超えて誰とでもつながっていけるでしょう。いつでもさっと取り出せるように、ネタをいくつか準備してみるのはいかがですか?